ARKit

最初のステップ 1/3- デバイスのサポートとユーザーの許可の確認

https://developer.apple.com/jp/documentation/arkit/verifying_device_support_and_user_permission/

AppがARKitを利用可能であること、ユーザーのプライバシーに配慮していることを確認する。


ARKit 2に対応しているのは、

iOS 11.0以降と、A9以降のプロセッサを搭載したiOSデバイス


対応機種

〜iPhone〜

5s, SE, 6, 6 Plus, 6s, 6s Plus, 7, 7 Plus, 8, 8 Plus, X, XR, XS, XS Max

〜iPad〜

mini 2, mini 3, mini 4, Air, Air 2, 第5世代, 第6世代, 9.7インチPro, 10.5インチPro, 12.9インチPro(第1世代), 12.9インチPro(第2世代)

〜iPod〜

touch (第6世代)


ARKitはデバイスのカメラを使うので、iOSのプライバシー管理を設定し、ユーザーがAppのカメラアクセスを許可できるようにする必要がある。


AppがARFaceTrackingConfiguration(英語)を使う場合は、ARKitがAppにユーザーの顔の情報を提供する。ARKitのフェイストラッキング機能を使う場合は、フェイストラッキングおよび顔のデータをどのように使うかをユーザーに説明するプライバシーポリシーを、Appに含める必要がある。

参照: Apple Developer Program使用許諾契約(英語)


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *